会長ご挨拶

 

 私たちの故郷山梨が東京に隣接するにも関わらず、先人達は明治18年に最初の「郷友会」を起こし、戦前の昭和7年には現在と同名の「山梨県人会連合会」(根津嘉一郎初代会長)を設立しています。この昭和7年の設立趣意書には「同じ故郷を持つ者の結びつきは特に強固だ」「孤立していては志を遂げることはできない」と格調高く連合会組織の必要性を宣言しています。

昭和25年(1950年)設立の現「山梨県人会連合会」は、2019年に創立70周年を迎えます。今私たちは80数万の山梨県民と首都圏に住む120万の山梨県人(山梨県出身者とその家族)が連携して故郷山梨の持続的な成長・発展・進化に努め、すべての山梨県人と県民の多様な喜びと幸せを生み出すことを目指す「ふるさとリンケージ200」活動を推進しています。同じ故郷を持つ者同士、共に集い、故郷山梨のために何かを始めてみませんか。

 山梨県人会連合会

                          会長 弦間 明